放置系スプレッド投資でリスク管理を徹底し運用します
世界の市況が一目でわかる!リアルタイム更新チャート  簡易版チャート

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済アナリストの助言の落とし穴

2013.05.11 (Sat)
「予測」⇔「くそよ」逆から読むとね(笑)毎週発行されている沢山の投資週月刊誌の中には、実績豊富なアナリスト達の見解が記載されています。

そのこと自体は悪いと思いません。しかし中短期の見込みであれば5割の確率で的中するわけですし、何とでも言いようがありますよね。
それにより給料が上がったり下がったりする訳でもありませんので、予想する側はノーリスクです。

また袋とじなどで、「◯◯氏が選ぶ上昇銘柄を教えます」などを謳っている雑誌もありますが、この時点でその雑誌は購入しないほうが良いでしょう。

本当に売れる株なら時すでに遅しです。

しかも論理的な何の根拠もありませんし、複数の相関関係の低い銘柄を選定しておけば、そのうち何割かは的中するでしょうから。

(↓一度、自分の目で確かめるのが良いです。このように無料で銘柄を教えてくれるところもあります)


真偽は自分の目で確かめましょう
相関関係とはなんでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが、簡単に言えば、A銘柄とB銘柄の値動きがどのくらい同じ動き(又は反対の動き)をするかというものを+1 〜 −1で数値化したものです。
+1の時は、全く同じ動きをする、−1の時は、全く反対の動きをする、というものです。

相関関係はリスク分散や鞘どりをする時に使う手法で、A銘柄が下落した時に、反対の動きをする相関関係が−1に近いB銘柄を選んでおけば、A銘柄の損失をB銘柄で補填できるという訳です。 このことが解ってるので、相関関係が−1に近づく銘柄を選んでおけば、大勝ちもないし大負けもないのです。

一昨年の大災害やテロなどどうにも予測がつかない事態が起きた時には、読者はアナリストのせいにはしませんし、アナリストは予測不可能の事態であったことを言い訳できます。
残念ながら次の瞬間には、実際よりも下がりすぎた銘柄のリバウンドや復興需要株などの話に入れ替わっています。

本来のアナリストは短期間の上昇株を当てるのではなく、このような予測不可能な事態になっても大切な資産を守るべき投資方法を伝えるのが本来の仕事ではないでしょうか。
「聞かれているから個人的な見解を述べているだけ」と言われてしまえばそれまでですが。

「予想」⇔「うそよ」逆から読むとね(笑)よってアナリストの助言を参考に投資していれば、これも破滅します。

自分が優良だと思えば、誰にも話さず自分で購入すれば良いのですから。

ちなみに金融機関オススメの投資信託などの金融商品も同じです。そんなに良いならその銀行ですべて購入してしまえば良いですよね。
投資マンションもそう。優良な物件で税金対策もできる物件を人に売る必要はないでしょう?

さっきの◯◯投資法の破滅理由とそっくりですね。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。