放置系スプレッド投資でリスク管理を徹底し運用します
世界の市況が一目でわかる!リアルタイム更新チャート  簡易版チャート

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"投資"と同じ顔の【投機とギャンブル】

2013.10.30 (Wed)
リスクバランスは投資の命ですよく『投資と投機やギャンブルとの違いは?』という質問を目にします。 私の個人的意見(偏見?)は、

⚫投資=元本割れリスクがあるが、それ以上のリターンを追求する行為(損小利大 リスク<リターン)

⚫投機=リスクバランスが崩れた投資行為
(損大利小 リスク>リターン)

⚫ギャンブル=参加者全員の期待値(合計の利益)が、そもそもマイナスなもの

です。  参加者のお金を集めて、胴元が手数料を取って、残りを参加者に山分けするような仕組みがギャンブルなわけです。

ちなみに《貯蓄》は【元本を維持しながら増やす投資行為】と考えています。

平均的な投資家が常に市場平均のパフォーマンスを上回るのは不可能です。
平均的な投資家こそが市場を形成しているからです。
実はそんなことは投資家は自分で理解しています。
それでも自分だけは成功すると信じているだけです。

質問 [ あなたは世の中の平均よりは優秀ですか? ]
※成績、仕事、運転技術、人付き合い、など何の能力でも構いません


先の記事でオーバーコンフィデンスバイアスという自信過剰な状態を紹介しましたが、9割がYesと回答します。
しかし9割が平均以上という現実はなく、本当は全体の半数しか平均以上は存在しません。
この罠が投資の世界で個人投資家が9割負けると言われる由縁です。

なぜそのような罠にハマるのでしょうか?

それは【投機やギャンブルが表面上、投資に非常に似ているから】です。

また残念なことに、実際の多くのマネー誌は「投資」ではなく「投機」を派手な短期間のリターンとともに掲載し、読者の射幸性を煽り、最悪の場合「ギャンブル」まで勧めようとしています。

さらに皮肉なことに、「投機とギャンブル」には、「投資」よりも【短期間でハイリターンを得られる】ケースがあるために、非常にエキサイティングなのです。(逆に言えば短期間しかハイリターンが得られないのですが…)
もしこのエキサイティングさを投資の醍醐味と勘違いしたら、破綻に向けて一直線です。

この「投資」と「投機/ギャンブル」をしっかり分別することが【投資戦略の基本】ではないでしょうか。
毎日更新中On Click
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。